薬剤師の経験を重視してくれる求人が見つかり

引き止めに合うも「嫌味」にうんざり

最初は条件が高すぎてだめかなという気持ちもあったのですが、面接を受けていると採用とならなかった場所であっても自分の経験を認めてくれるようなところがありましたから手応えはしっかりとありました。
そのため、転職活動を続けていけばいつかはいい職場に出会うことができそうだなと思ったのです。
その予感は比較的早い段階で現実のものとなり、三ヶ月目にしてかなり自分の経験を高く評価してくれる職場が見つかり転職活動が成功したのです。
新しい職場の採用が決まったので、早速それをそれまで働いていた職場の上司に伝えると急にやめられると困ると言われてしまいました。
更にいまさらと思えるように自分の能力を高く評価していたと言ってきたり、待遇を良くすることを考えていたと言った引き止めをしようとしてきたのですが、もちろんそのような言葉を信用できるわけもありませんから、ろくに話も聞かずに退職を受理してもらうことにしたのです。
喧嘩別れをするようなことがあっては次の職場にも迷惑がかかりますから、砂をかけるようなことはしませんでしたが辞める意志が固いとなった時にはいつものように嫌味を言ってきてくれたのである意味スッキリと辞めることができるなと感じました。
本当に自分のことを評価してくれていたというのであれば、迷いもあったのですが最後の最後で嫌味を言われるような職場であればそのまま続けていなくてよかったという気持ちがあり、このときほど転職をして良かったと思ったことはありません。
新しい職場は自分のことを評価してくれますし、周りの人も良い人ばかりで更には待遇までよくなりましたから言うことなしです。

人並み以上に仕事をしても人並み以下にしか評価されないことへの憤り引き止めに合うも「嫌味」にうんざり